オススメリンク

TOEFLで高い点数を取りたいならTOEFL対策を行なっている英語学院があるのでそちらでTOEFL勉強を頑張りませんか。ここなら着実に力がついてきますよ。

アーカイブ
カテゴリー

ハードだからこそ

英会話スクールに通ってしっかりとTOEFL対策をしていても、当日のコンディションがガタガタでは万全の状態で試験に臨むことが出来ません。
TOEFLは途中休憩を挟むものの合計で4時間もかかるので、予想以上に疲労します。TOEFL対策として、下積みして行くことも大切ですが、実際に受験する段になったら体のコンディションを整えて行くということも忘れない様に心がけましょう。
Read more

余裕があれば

英会話スクールに通っていても、やはり念には念を、もっとTOEFL対策しておきたい、と感じることもあると思います。
そういった場合は通信講座などを利用して、余力をそちらに向けてみるのも良いでしょう。スクールで英会話を集中的に、もう少し基礎の底上げをしたいという場合は自宅で出来る限りのことを、と言うのも目標への近道と言えるでしょう。無茶をするのは大変ですが、余裕があれば検討してみることをおすすめします。
Read more

予算の見立て

TOEFL対策のため英会話スクールに通うとなると気になるのが、その費用です。どれくらいの予算を見積もっておくべきでしょうか?
基本的にTOEFL対策のクラスというのは非常に内容が濃く、充実している分普通の英会話レッスンよりも費用は高めです。期間などにもよりますが3か月の短期などでも一か月で2万から2万5千円ほどかかります。長いところや回数の多いところはもう少し高くなるので、その辺りを見越して予算を検討すると良いでしょう。
Read more

スピーキングは

TOEFL対策で一番力を入れたいのが英会話、つまりはスピーキングとリスニングだという人は多いと思います。
実際に聞いて話すというのは、試験という場になると余計に緊張しますし、しっかりと備えておきたいところです。
ですが、実際の試験ではスピーキング、そしてリスニングもですが、これらは人と対面して行う、というわけではありません。マイクとヘッドフォンを使い、案内に沿って聞き、そして話します。
人と向き合って会話をするというわけではなく、意見を述べる、などが多いので、言うほど気構える必要はないと言えるでしょう。
Read more

試験の内容は

TOEFL対策にあたって知っておきたいことと言えばやはり試験の内容です。
TOEFELの内容は主にリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つから成り立っています。読み書きだけが出来れば良いのではなく、リスニングとスピーキング、つまりは英会話が出来ないと非常に難易度が高い試験になると言えるでしょう。そしてだからこそ、TOEFL対策には英会話スクールを利用するのがおすすめというわけです。… Read more